年輪と言う意味を持つ言葉”Growthring”を名前とコンセプトに、永く側に置いて使い続けたくなる革小物を一つ一つ手縫いで製作しています。

  Growthring Leatherworksでは、国内タンナーの手による個性的な牛革を主な素材に自然な風合いの麻糸で仕立てています。革本来の手触りや風合いを愉しめるよう、比較的浅い染色を施された素材をしているため、半年ほど使用すると使い始めの頃とは大きく異なる色味に変わっていく傾向があります。また、使い始めのうちは傷や汚れが目立ちやすいかもしれませんが、次第に馴染み目立ちにくくなっていきます。一般的な革素材よりも多くのオイルやワックス分を含ませた素材はとても丈夫で、特別な手入れが無くても長持ちします。普段使いの道具として使って貰える事が作り手として一番の喜びです。

 

 

●素材

国内のタンナーの手による牛革を中心に制作しています。 植物性タンニンでなめされた革は使うほどに色艶を増し、使う人の癖を反映させ一つ一つ違う表情を持ったアイテムへ成長していきます。 革の表情を活かす染料染めのものを多く扱っているので、使用上問題のない程度の傷や染みなど含まれる場合もあります。 本来ならそういう部分を除いて制作すべきかも知れませんが、わずかな欠点のために使えない素材を出すことへの疑問から耐久性に難のある場合を除きそのまま使用しています。(目立たぬように工夫します)

 

●縫製

蜜蝋を塗った麻糸を2本の針で縫い上げる昔ながらの手縫いの技法で仕立てています。 ミシン仕立てのものは一箇所の糸のほつれが全体に影響してしまうこともありますが、手縫い仕立ては一箇所切れたとしてもそれ以上広がることなく修理もしやすいものです。 ただどうしても時間のかかる作業のため数をこなす量産仕事には向かないのですが、多品種少量生産のような場合には返って小回りが利くんじゃないかなと思っています。

 

●金具

丈夫でエイジングも楽しめる真鍮製の金具や落ち着いた色合いのアンティーク加工の金具を好んで使っているので、きらきらとした雰囲気は出ませんが落ち着いた雰囲気を好まれる方には喜んで貰えるかなと思っています。 一般的なクロムめっきの金具も少しずつめっきが薄くなり、輝きが鈍くなっていく良さもあるので甲乙つけがたいところです。

 

●制作

設計から仕上げまで一人の作り手が一貫して制作しています。

会社勤めの傍らの制作ということと、手づくり市などクラフトフェア向けの定番アイテムの制作に偏りがちなのでオンラインの在庫は中々追加できないのですが、受注制作も可能ですのでご相談ください。(ステッチの色変更、金具の色変更などできる物もあります)

 

●オーダーメイド

既成のものをアレンジするような物であれば対応可能ですが、ゼロから設計するフルオーダーについては難しい状況です。 フルオーダーの場合は制作費の他に図面代も発生してしまうので思われる以上に高価な物になってしまうかも知れませんが、既成の物にはない、”こうしたい”と言う強い思いがもしあるのでしたらご相談ください。

 

●イベント出店

月に2回程度、東京近郊の手づくり市、デザインフェスタなどのイベントに出店しています。 試作サンプルなど現品限りのアイテムなどオンラインでは出していないものも並べていますのでぜひお立ち寄り下さい。